読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みりさい!

理系のミリオタが送るミリタリーサイエンス

水素爆発 -水酸化ナトリウム製造-

久々の更新です!

 

今回は水素爆発について。

 

爆発って迫力ありますよね…

 

でも火薬を使うとなると所持をすることでさえも法律に気を付ける必要がある…管理も難しい…

 

ここで水素爆発。使うのは水素と酸素。これらを2対1のモル比で混ぜて発火するだけだ。発生するのは水だけ。

 

でも、水素と酸素ってどうやって集めるの??

 

答えは「水の電気分解」だ。

 

もちろん、純水は電気を通さない。

 

そこで水酸化ナトリウム水溶液、ないしは希硫酸を使ってやる必要がある。

 

今回は硫酸より汎用性の高い水酸化ナトリウムを使うことにしよう。

 

でも、水酸化ナトリウムなんて簡単に手に入らないよ!っていう方もいらっしゃるだろう。

 

実際そうだ。昔は薬局等で硫酸も水酸化ナトリウムも売っていたものだが、それらを使った事件事故が増えているせいでなかなか売ってくれなくなったのだ。実際、近所のドラッグストアに聞いても取り扱っていなかった。

 

だが、心配無用。wikiを見てほしい。

水酸化ナトリウム - Wikipedia

wikiに製法が書いてあるではないか。

 

製法は大きく分けて二種類

陽イオン交換膜法

・複分解反応

 

残念ながら、前者の方法で必要となる陽イオン交換膜は一般人はなかなか入手できないのだ。業者・学者向けらしい。

 

複分解反応しか選択道はない。具体的には炭酸ナトリウムと水酸化カルシウムを使う。幸いこれらはどちらも売ってくれるようだ。

 

次回、実際に作っていこうと思う。

 

水酸化ナトリウムは資格等なく所持することができるが、劇薬であり目に入ると失明するほどのものである。製造・所持には細心の注意を払ってほしい。